30歳独身サラリーマンのセフレの作り方日記

会社の2歳年上の先輩は、見た目は野暮ったくて冴えないのによくモテました。
会社の女子社員も自然に彼の元に集まってきて、いつも女性に囲まれている華やか印象で、
全然もてない私はいつも羨ましく思っていました。

ある時居酒屋で先輩と2人で飲んでいる時、女性関係の話をすると、何と先輩は
メインの彼女の他にセフレが3人もいるというのです。私はちょっと悔しくなり、
自分にもセフレの作り方を教えてくれとしつこく食い下がりました。
先輩は渋っていましたが、セフレを作ったのは全員ネットナンパで、「クルーズ」という
出会い系ブログを利用したことを教えてくれました。
女性の数も多いし初心者でも成功する確率は高い、とのことだったので、私も早速クルーズに
ブログを開設しました。

私が参考にしたのは、セフレの作り方【失敗を重ねたメタボ親父が最後に成功した秘訣】というサイトに掲載されている方法です。

ネットナンパなど完全に初心者の私は、とにかく女性と会わないと始まらないと思い、
「会いたい」「会いましょう」とやたらがっついた感じで声をかけまくりました。
これで何人かの女性と実際に会うことには成功したのですが、いずれもただ食事をして終わり、
1回会ったきりでそれ以上の中にはなれませんでした。
ただの食事関係から、セフレ関係にステップアップするにはどうしたら良いか全く分からず、
私はもう1度先輩に自分のブログを見せて相談してみました。
女性に会うことには成功していたので、あと少しのコツさえわかれば…と思っていたのですが
先輩からは「このブログは失敗」と完全ダメ出しをされてしまいました。
先輩によると、もっとセフレ募集の意志をはっきり表すことと、自分の持っているセックスの
テクニックをこと細かに書き、自分と付き合ってセックスすればこれだけ気持ちよくなれると
いうことを具体的に提示することがセフレの作り方のコツだということでした。

私は先輩のアドバイスどおり、1からブログを作り直し、自分の持っているテクニックの
ありったけをやや大げさな感じで提示しました。
すると不思議なことに、オファーに呼応するような感じで女性の方からメッセージが
ちらほら書き込まれるようになりました。
そのやりとりで知り合った29歳の主婦が私の初めて&現在まで唯一のセフレです。
彼女は主人とのセックスでイったことがなく、私のブログを見て自分も快感を味わってみたいと
相談してきてくれたのです。
初回からセックスすることが決まっている出会いというのは少し緊張しましたが、無事彼女を
イかせることができ、その後もセックスだけの割りきった関係が続いています。彼女が
望んでいる快感を与えられることにも充実感を感じています。

当初はもっとセフレを増やしたいと思っていたのですが、仕事とブログを両立するのは
思った以上に労力がかかり、一人相手にするだけで手一杯の状態です。
先輩のようにこまめに多数の女性の相手をするというのは私にはちょっと出来ない
芸当です。